プログラマティック事例:コカコーラ社

DSP+DMPの統合型アプローチでダイレクトバイと比較してKPIを40%向上

 
コカコーラ社(メキシコ)はオフラインで商品を購入している消費者と直接接触することに苦労していました。
同社は13ものブランドも抱えており、それぞれのブランドが異なる目標、セグメンテーションニーズや透視能力を持っていたため、そのマーケティング戦略は複雑化していました。


コカコーラ社はその代理店、MediaComtと協働してMediaMathの統合型プログラマティックプラットフォームに移行し、ダイレクトバイと比較してKPIを40%向上することに成功しました。
事例をダウンロードし、コカコーラ社のプログラマティックの活用例をご覧ください。

ダウンロード